飲んべえOLのダイエット日記

iphoneの充電ケーブル断線もAppleCare+の適用範囲

今では大手携帯ショップにいけば、どこでもiPhoneを取り扱っています。
ですがiPhoneが故障したりした時は、携帯ショップでは直せません。
アップルでないと直せないわけです。
そういった時に備えて、iPhone契約の時に、AppleCare+といった補償オプションをつけることができます。
iPhoneの機種にもよりますが、月々おおよそ600円程度で入れます。
これを使えば、利用回数や条件によっては有料になる場合もありますが、万が一の際無料で修理や交換ができるようになります。

 

iPhoneを落としてしまって画面が割れてしまった、という時にこれは大きく役立ちます。
それだけでなく、iPhoneを充電するライトニングケーブルが断線した時にも、交換対応をしてくれます。
勿論、自分で無理に故意に壊したものはダメですが、自然劣化であれば適用範囲なのです。

 

しかも手続きも簡単です。
アップルのサイトの「iPhoneの修理」から「修理を申し込む」のボタンを押します。
そして「修理と物理的な損傷」の中のケーブル交換のボタンを選択します。
持込修理が手間な人は、「配送修理」を選べば、iPhoneのシリアルナンバーを入れる画面に進みます。
ここまで来たら、あとは自分の住所やクレジットカード情報等を登録すれば、申し込みは終了です。

 

カードの登録は、断線したケーブルの交換とリンクしており、「未交換」になってしまった時のみ、料金が発生する仕組みとなっています。
ちゃんと壊れたものを送れば良いので、登録に何ら問題はないでしょう。
ケーブルだけでもまとめに購入しようとすれば、それなりの金額になりますが、このように補償に入っていればそれを無料で行ってくれるのです。
さすがアップルといったところですね。
よくわからない場合はiPhone8 docomoで申込み下さい。